SIMフリー格安スマホランキング。オススメのAndroid端末 2015年Ver.

SIMフリーの時代到来。

MVNO各社の格安SIM料金も、ひとまず落ち着いた感あるので、

端末選びに奔走したいと思います。

 

SIMフリー端末さえあれば、格安SIMは自由に使えますからね。

※ドコモ回線を使ってるSIMなら、ドコモスマホも基本的に使えます。

 

SIMフリースマホなら、機種変更もSIM差し替えるだけ。

自分で簡単にできますから、気分で端末変更も可能です。

ワザワザ高額で2年縛りの有る、大手携帯キャリアで購入する必要も無い。

 

私の初代Nexus5も、そろそろ2年になっちゃうから、

2013年最強の端末「Nexus5」を超える端末探します。

SIMフリーのAndroid端末を安く手に入れる方法。格安最新スマホを比較する。

Androidって端末選び放題だから、逆に困るよね。

 

※iOSユーザーは「iPhone」しか選択肢ありませんが、安く運用する方法はある。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

 

ASUS Zenfone2、Zenfone2 Laser、Zenfone5とのスペックの違い。

ASUSのの最新端末といえば「Zenfone2」。

昨年末に発売された「Zenfone5」に続き、人気のようですね。

2の方が、5より最新なんで・・・ややこし。

Zenfone2には、下位モデルも有り、更にお手軽なLaserも登場・・・更にややこしい。

 

ASUS(エイスース)は、パソコン、PCパーツで有名な会社なんで、

パソコンユーザーなら、ご存知な人も多いハズ。

私の4K液晶ディスプレイもASUS製だし、グラボもマザボもASUS愛用中。

PCメーカーとして優秀なんで、スマホメーカーとしても凄いんだね。

 

ASUS JAPAN株式会社

  • 会社概要:パソコン、PCパーツの製造メーカー。
  • 出身国:台湾
  • メイン端末:Zenfone2、Zenfone5

ZenFoneの発売日

  • ZenFone 2:2015年3月発売
  • ZenFone 2 Laser:2015年8月発売
  • ZenFone 5:2014年11月発売

市場価格

  • ZenFone 2 (RAM 4GB):約50000円
  • ZenFone 2 廉価版:約40000円
  • ZenFone 2 Laser:約30000円
  • ZenFone 5:約30000円(ほぼ完売)

CPU

  • ZenFone 2:2.33GHz クアッドコア(Intel Atom Z3580)
  • ZenFone 2 廉価版:1.83GHz クアッドコア(Intel Atom Z3560)
  • ZenFone 2 Laser:1.2GHz クアッドコア(Snapdragon 410)
  • ZenFone 5:1.2GHz クアッドコア(Snapdragon 400)

RAM

  • ZenFone 2:4GB
  • ZenFone 2 廉価版:2GB
  • ZenFone 2 Laser:2GB
  • ZenFone 5:2GB

ストレージ容量

  • ZenFone 2:32GB or 64GB
  • ZenFone 2 廉価版:32GB
  • ZenFone 2 Laser:8GB or 16GB
  • ZenFone 5:16GB or 32GB

液晶ディスプレイ

  • ZenFone 2:5.5インチ フルHD 1920×1080
  • ZenFone 2 Laser:5.0インチ HD 720×1280
  • ZenFone 5:5.0インチ HD 720×1280

本体サイズ&重さ

  • ZenFone 2:152.5 × 77.2 × 10.8mm – 約170g
  • ZenFone 2 Laser:143.7 × 71.5 × 10.5mm – 約145g
  • ZenFone5:148.2 × 72.8 × 10.34 mm – 約145g

カメラ画素数

  • ZenFone 2:1300万画素
  • ZenFone 2 Laser:5.0インチ HD 720×1280
  • ZenFone 5:800万画素

 

Zenfone5が既に市場に出回って無いと思ったら・・・

2015年8月8日、Zenfone2 Laser登場しました。

安く手に入れるなら、Zenfone5の後継機 Zenfone 2 Laser だね。


エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser(Qualcomm Snapdragon 410/メモリ 2GB)16GB ホワイト ZE500KL-WH16

 

無印のZenfone2には、

更に4GBメモリの通常版と、2GBメモリの廉価版がある。

廉価版モデルでもメモリ2GBインテルCPU1.8GHzって、普通に高性能。

普通の人ならZenfone2の廉価版で、何も困らないと思う。

 

Zenfone2の高い方は、

メモリ4GB、CPU2.33Ghz クアッドコア(インテル)と、超高性能。

オーバースペックだと思うけど、約1万円しか差が無いんで、

悩むなら高い方で良くね?

メモリ4GBのスマホって・・・他に無い。要るのか4GBも?

国産スマホに比べたら、コスパは断然良い。


【国内正規品】ASUSTek ZenFone2 ( SIMフリー / Android5.0 / 5.5型ワイド / デュアルmicroSIM / LTE ) (レッド, 4GB/32GB) ZE551ML-RD32S4

Zenfoneシリーズは、マイクロSD対応ってのもポイント。

Nexus5には無かったからね。

 

HUAWEI(ハーウェイ)Ascend Mate7、P8lite、P8maxの比較。

最近見かけまくるようになった「ハーウェイ」

HUAWEI(ハーウェイ)の「Ascend Mate7」「P8lite」も売れまくってます。

超大型ファブレット「P8max」も2015年9月下旬以降発売・・・私はP8max購入しゅる。

華為技術有限公司:Huawei Technologies Co. Ltd.

  • 会社名:ファーウェイ・ジャパン
  • 出身国:中華人民共和国
  • メイン端末:Ascend Mate 7、P8シリーズ

ハーウェイ端末の販売価格

  • Ascend Mate7:49800円
  • P8lite:28600円
  • P8max:59980円 ※9月下旬発売予定

CPU

  • Ascend Mate7:Hisilicon Kirin 925 オクタコア 1.8GHz / 1.3GHz
  • P8lite:Hisilicon Kirin 620 オクタコア (A53/1.2GHz)
  • P8max:Hisilicon Kirin 935 オクタコア (A53X 2.2GHz + A53 1.5GHz)

RAM

  • Ascend Mate7:2GB
  • P8lite:2GB
  • P8max:3GB

ストレージ容量

  • Ascend Mate7:16GB
  • P8lite:16GB
  • P8max:32GB

液晶ディスプレイ

  • Ascend Mate7:6インチ フルHD 1920×1080
  • P8lite:5.0インチ HD 720×1280
  • P8max:6.8インチ フルHD 1920×1080

本体サイズ&重さ

  • Ascend Mate7:157 × 81 × 7.9mm – 約185g
  • P8lite:143 × 71 × 7.7 mm – 約131g
  • P8max:187.2 x 93 x 6.8mm – 約228g

カメラ画素数

  • Ascend Mate7:1300万画素
  • P8lite:800万画素
  • P8max:1300万画素

バッテリー容量

  • Ascend Mate7:4100mAh
  • P8lite:2200mAh
  • P8max:4360mAh

 

Zenfone2の4GB RAMに対し、ハーウェイスマホはオクタコアCPUになってます。

CPUコア8個って意味わかんないです。

どちらもオーバースペックだと思うんで・・・体感できる違いは無いかと。

 


HUAWEI P8 lite ホワイト【ファーウェイ公式】LTE対応SIMフリースマホ!【送料無料】

P8liteは価格も3万円弱と安いのに高スペック、

Zenfon2の廉価版より安く、HD(720×1280)だけど5インチサイズで良い感じ。

実際、SIMフリーの格安スマホで現在一番人気っぽ。

画面占有率も高く、薄さ7.7mmとデザインも良いよね。

格安SIMとの端末セットで安く入手もできる。万人にオススメ。

 

 


【あす楽対象】【送料無料】 HUAWEI [LTE対応]SIMフリースマートフォン 「Ascend Mate 7」 MT-J1/W (ムーンライト・シルバー)

Zenfone2と比較するなら、Ascend Mate7。

ファブレットサイズの6インチ、

指紋認証、4100mAhの大容量バッテリー、薄さ7.9mm→「Ascend Mate7」かな。

 

今後発売予定のP8maxは、

6.8インチと超大型で、ファブレットというよりも、ほぼタブレット。

薄さ6.8mm228g、バッテリー容量4360mAh・・・スペックも超高性能です。

ズルトラ(Xperia Z Ultra)が欲しかった私にはドンピシャ。

片手で電子書籍を読みたい人間には、アツいと思う。

私は、Kindle Paperwhite、Nexus7から乗り換え予定。

 

また、Zenfone2同様に、デュアルSIMは「2G(GSM)」と「LTE/3G/2G」になってますが、

Zenfone2とは違い、どちらのSIMで「LTE/3G」を利用するか?

端末上で切替可能となります。

「LTE/3G」SIMの同時利用はできないが、SIMを切り替えて使う事が可能。

SIMを抜き差ししないで、SIM切替が出来るのは有り難い。

片方のSIMカードスロットは、microSDカードスロットと兼用ってのも面白い。

 

個人的には、ハーウェイの「TalkBand B2」も欲しい。

UP by Jawbone提携で、タッチスクリーン対応。

UP3は期待できそうもないし、現在使ってる「UP24」と交換予定。

 

Google純正スマートフォンは間違いない。Nexus6とNexus5のスペック比較。

Google純正スマホといえば、Nexusシリーズ。

Androidは、Google製のOSなんで・・・間違いないです。


Google Nexus 6 グローバル版 XT1100 並行輸入品 (32GB, ダークブルー) Dark Blue

 

Nexus5って凄い高性能端末でしたが、更に上を行くのがNexus6。

進化具合をスペック比較。

 

Nexus6とNexus5の発売日

  • Nexus6:2014年12月発売
  • Nexus5:2013年11月発売

販売価格

  • Nexus6(32GB):75170円(税抜き)→ 約81200円(税込)
  • Nexus5(16GB):39800円(税込)

CPU

  • Nexus6:2.7GHz クアッドコア
  • Nexus5:2.26GHz クアッドコア

RAM

  • Nexus6:3GB
  • Nexus5:2GB

ストレージ容量

  • Nexus6:32GB or 64GB
  • Nexus5:16GB or 32GB

液晶ディスプレイ

  • Nexus6:5.96インチ QHD 1440×2560
  • Nexus5:4.95インチ フルHD 1080×1920

本体サイズ&重さ

  • Nexus6:159.26 x 82.98 × 10.06 mm – 約184g
  • Nexus5:137.84 × 69.17 × 8.59 mm – 約130g

カメラ画素数

  • Nexus6:約1300万画素
  • Nexus5:約800万画素

 

今見てもNexus5のスペック凄い高性能。これで2013年発売。

Nexus5→Nexus6で、超高性能端末になったけど、販売価格は約2倍へ。

コスパ端末から、スペック重視端末へと進化です。

Nexus5のコスパが良すぎたので、Nexus6の割高感は否めない。

CPU2.7GHzクアッドコアに、WQHDディスプレイ並の解像度

ハイパースマホだね。

6インチ解像度1440×2560ディスプレイって・・・要るのか?

急速充電Qiワイヤレス充電ってのは個人的に大好き。

 

Nexus6のデメリットといえば、

高性能故の価格の高さと、microSDには非対応という事。

64GBもあれば、SDカードは不要だと思うけども。

 

Nexus6の定価は高いですが、市場価格は安くなってます。

販売開始して半年以上経過しているので、Nexus6値下がりしてます!

Nexus5の時と同様、ヤフオクを狙うべきです!

Nexus6 中古

Nexus6 美品

4万円台とかで落札されてます。64GBでも5万円台で落札・・・私も現在入札中。爆

Y!モバイル版のNexus5同様、Y!モバイル版のNexus6もSIMフリーだから!

イーモバイル版Nexus5と、Google Play版の違い。ドコモIMEI制限について。

 

※2015年9月15日追記

EXPANSYSで、Nexus6が41500円のセール価格にて販売されております。

Google Nexus 6 XT1100 (SIMフリー LTE, 32GB, Cloud White)
icon

送料1600円と消費税が取られますが、それでも安いデス。

安さにつられて・・・うっかり私も追加購入。汗

EXPANSYS(エクスパンシス)からSIMフリースマホを激安輸入。評判&購入レビュー。

 

旧モデルNexus5と、Zenfone2のスペック比較すればわかる。

Nexus5って今でも現役でイケます。最新モデルと比べても全然劣ってません

2013年でもオススメでしたが、今でもメイン端末に成り得ます。

SIMフリーのAndroid端末を安く手に入れる方法。格安最新スマホを比較する。

 

旧モデルNexus5もヤフオクで、まだまだ手に入ります。

Nexus5 中古

Nexus5 美品

2万円台で落札されてます。美品もまだまだ残ってるん。

 

とにかく激安端末なら「freetel priori2」or「Covia FLEAZ F4s+」

1万円ちょっとでスマホが手に入るという事で、去年もオススメしましたが、

相変わらずfreetelは安いです。

現在は「freetel priori2」というモデル。


freetel priori2 3G フリーテル SIMフリー スマホ スマートフォン 本体 新品 格安スマホ SIMロックフリー ( Android 4.4 / 4.5inch / デュアルSIMスロット / 1GB / ROM 8GB / バッテリー 1700mAh) FT142A-PR2-WH パールホワイト 白ロム docomo SIM 対応

 

更に安いスマホ、「covia FLEAZ F4s+」も売れてますね。


covia SIMフリー スマートフォン FLEAZ F4s+ ( Android4.4 / 4inch WVGA / 標準SIM / microSIM / デュアルSIMスロット / 1GB / 8GB ) CP-F40S/8G

 

どちらも、1万円+αで購入できてしまいます。

 

スペックを見る限り、以前のように安かろう悪かろうってモノでも無い。

クアッドコアCPUだし、メモリ1GBだし、評判も悪く無い

SIMの2枚差しが可能で、SIM切替ができるってのも面白い。

 

とりあえずガラケーの代替として、使えれば良い人、

スマホを使いこなせる自身が無い方にも、ホント良いと思う。

格安SIMなら、ガラケーよりも安く維持できるし、

今後、ガラケーも無くなるらしいからね。

スマートフォンの選び方。スマホ初心者が考えるべきポイント。

 

freetelを選ぶような方は、高性能で有る必要もないと思うので、

とにかく安く使う。そういった方向けです。

ガラケーよりもできる事は多いけど、何でもできるとは思わない方が良い。

 

ZTE、LG・・・だったらASUS Zenfone2、HUAWEI P8liteで良くね?

ハーウェイと同じく中華ブランドで、ZTEなんかも見かけるようになったけど、

「ZTE Blade Vec 4g」選ぶなら、「ASUS Zenfone2 廉価版」にするわ俺。


Blade vec 4G (黒)

 

中興通訊:ZTE Corporation

  • 会社名:ZTEジャパン
  • 出身国:中華人民共和国
  • メイン端末:Bladeシリーズ

 

ZTEも中華ブランドです。中国スマホの勢い凄いですなぁ~。

 

国産スマホ(Xeperia、ARROWS、AQUOS)だって、格安SIMで使えるよ。

大手携帯キャリアとセットの端末といえば国産スマホ。

国産スマホは、大手キャリア以外買えないと思ってたんだけど、

Amazonとか、楽天市場とか、ヤフオク!で安く売ってます。

 

SIMフリーだけでなくドコモ版スマホなら、ほとんどの格安SIMで使えるから。

最新モデルで無ければ、尚更安いデス。

 

ソニーの「Xperia」

ヤフオク → Xperia ドコモ 本体

 

 

富士通「ARROWS」

ヤフオク → ARROWS ドコモ 本体

 

シャープ「AQUOS」

ヤフオク → AQUOS ドコモ 本体

 

韓国だけど、サムスン「GALAXY」

ヤフオク → GALAXY ドコモ 本体

 

大手携帯キャリアでスマホ購入は高いだけ。定価販売です。

機種変更をした人から、安く譲ってもらいましょう。

リサイクルでWINWINです。

「格安SIM=SIMフリー端末必須」ってわけじゃないから。

特にドコモユーザーなら、端末そのままで、格安SIMを使える可能性も高いです。

キャリアでSIMロック解除もできるようになったので、

キャリアスマホでも、SIMロック解除された端末も売ってたりする。

 

国産スマホって、不具合多いイメージが有るんで苦手です。

同じスペックでも、異様にモッサリしたり。

最近のは、どうか知らないけど・・・私は使いません。

要らないならヤフオクで売っときましょう。ジャンクでも高く売れちゃうから。

 

SIMフリー端末は対応バンドにも注意。au系の格安SIMでは基本的に使えない。

SIMフリー端末だからといって、

国内の通信周波数帯に、完全対応しているわけでは有りません。

国内キャリアの対応バンドも把握しておきましょう。

 

大手携帯キャリア 対応バンド一覧

  • docomo:Band1,3,6,19,21,28
  • au:Band1,11,18,26,28
  • SoftBank:Band1,8,11,28

 

格安SIMのメイン、ドコモ回線のLTE対応バンドは、

バンド1バンド3バンド19バンド28辺りが主要周波数帯です。

同じSIMフリー端末でも、機種により対応バンドも異なります。

 

SIMフリー端末 対応バンド一覧 ※モデルにより微妙に異なります。責任負えません。

  • Nexus5:band1,2,3,5,7,8,20
  • Nexus6:band1,3,5,7,8,9,19,20,28,41
  • ASUS Zenfone5:band1,3,7,8,19
  • ASUS Zenfone2:band1,2,3,4,5,6,8,9,18,19,28
  • Huawei P8 Lite:band1,3,5,7,8,19,28
  • Huawei P8 Max:band1,3,7,38,39,40
  • Huawei Ascend Mate7:band1,2,3,4,5,7,8,19,20,40
  • iPhone5:1,3,5,13,25
  • iPhone5S/5C:band1,2,3,4,5,8,13,17,18,19,20,25,26
  • iPhone6/6 Plus:band1,2,3,4,5,7,8,13,17,18,19,20,25,26,28,29,38,39,40,41

 

Nexus6、Zenfone2、P8 Lite辺りは、

ドコモ回線の主要バンドに対応しまくっているので、

他機種に比べ、電波の入るエリア、速度が安定して出る可能性が有ります。

 

※同じモデルでも海外版は対応バンドが異なる場合が有ります。

特にZenFone 2の海外モデルには気をつけましょう。

ZenFone 2 海外モデルの対応バンドの違い

ZE551ML(日本版モデル):Band1,2,3,4,5,6,8,9,18,19,28

ZE551ML(海外版モデル=WW version):Band1,2,3,4,5,7,8,20

EXPANSYS(エクスパンシス)からSIMフリースマホを激安輸入。評判&購入レビュー。

 

また、au系の格安SIMでは、

対応バンドの機種でも、基本的に使えないと思った方が無難です。

音声通話はCDMA2000を利用するので、基本的に利用不可能だし、

データ通信も電波法の関係で、NGみたいです。

mineoとUQモバイルの違い。au回線の格安SIMのデメリット。

au回線の格安SIMを使う場合、しっかりと対応端末を確認する事をオススメします。

 

私がNexus6を購入した理由。iOSがiPhoneなら、AndroidはNexus。

最終的にZenfone2とNexus6で悩んだけど、

やっぱりNexus6にしました。

発売から半年経ってるけど、やっぱり最高レベルのスペックだったから。

 

私がNexus6に決めたポイント

  • Androidのメイン端末となるので、最高スペックなモノが良かった。
  • SIMフリー端末だけ欲しい。
  • AndroidはGoogleのOSであり、Nexus6はGoogleの端末だという事。
  • 不要なアプリは入れないで欲しい俺
  • Nexus6の市場価格が予想以上に安くなっていた
  • ストレージ容量が十分あり、MicroSDは要らない
  • 無接点充電Qi対応
  • Motorolaが微妙に好きだった。

 

現在使っているNexus5がサブ端末となるので、

メイン端末に成り得る、より高スペックな物が欲しかったのが前提。

 

ASUSや、ハーウェイも高スペックだったけど、やっぱりGoogleの端末にしといた。

Zenfone2は、ZEN UI、ZenCircle、MyASUSとか、

その他不要なアプリも多く入ってるって話だし、

表記スペックって、全然アテにならないからね。

 

端末スペックが良くても、その性能はOS(Android)に少なからず依存する

だったらAndroidを作っている、Google製の端末Nexus6を使いたい。

不要なアプリも入っておらず、スペックも最大限活かせそう。

値段も安くなって、他社スマホと大して変わらないんだから。

 

Amazonでも、Yモバイル版Nexus6が安く売ってます。


Nexus6 Y!mobile 32GB 白ロム ブルー

Yモバイル版も、同じくSIMフリー端末だからね。

ヤフオクなら更に安いです→Y!mobile nexus6

 

同時にSIM契約するつもりなら、格安SIMの端末セットは悪く無いと思う。

ただでさえコスパの良い格安スマホを、

格安SIM契約セットで端末割引となり、更にキャッシュバックも有りますから。

別途、SIM契約する手間も省けて一石二鳥。

 

2年間高い月額料金を払うなら、SIMフリー端末は非常に安いです。

2年間で払う料金を計算して下さい。端末代どころの差額じゃありません。

普通に差額10万超えるから。

YモバイルからNifMoの通話SIMへ。携帯番号移行(MNP)方法と料金比較。

 

現在オススメは、断トツでmineo Dプラン。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

 

格安SIMなら、携帯電話番号込みで月額1600円

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

 

データ通信だけなら、月額1000円もかかりません。

格安SIMの種類。SMS可能、音声通話SIM、データ通信専用SIMの違い。

 

通信容量は3GBもあれば十分です。

スマホに必要な通信速度を考える。適正な容量制限と通信量の目安。

 

固定費を安くする。

商売の基本、というよりも節約の基本。

大手携帯キャリアは、もぅ要らないと思うよ。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

 

P.S.

今回、アンドロイド端末を探してましたが、私の愛用スマホはiOSのiPhoneです。

iPhoneユーザーですが、Google社会ですからね。

GoogleさんのAndroid端末ぐらいは、使えておきたいという気持ち。

 

「iPhone=高い」ってイメージの方居ますが、Androidも高いです。

iPhoneを安く手に入れたい方、ドコモ版iPhoneなら安い。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

定価で買おうとすれば、何でも高いよね。

通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。

高還元率クレジットカード
高還元率クレカ「Orico Card THE POINT」徹底レビュー。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ