カラーミーで売れるネットショップを作る方法。運営と集客に必要な費用。

カラーミーでは売れない。

WEBスキルの無い方は、売れるショップは作れない。

お金をかけなければ、売れるショップを造れない。

なんだかんだで、カラーミーショップは儲からないんだ。

という妄想。

適当な評判に惑わされてませんか?

 

ネットショップで成果を出すのは難しい。

だからお金をかける。

私は違うと思います。

 

利益を出す為に、様々なコストを安くする。

そういった思考の方向けの内容です。

 

私は、HTMLもCSSも得意ではありません。

一般的に言われてる方法とは、違うかもしれません。

素人が考えた一つの方法として、参考までに。

SEOの知識?はーひふーへほー。

 

問合せに回答しようと思ったら、マジで長くなった。ゴメンナサイ。

本日の構成

ネットショップ運営を続けるのに必要な初期費用と固定費用。

パソコンとか、事務所とか、通信費に電気代、私の人件費・・・

そういう野暮な事は置いといて。

ネットショップ運営に必要な費用です。

 

初期費用

ネットショップ開設にかかる初期費用。

私はカラーミーショップを推奨してします。

初心者のネットショップ出店について。ショッピングカートの比較と違い。

 

  • 初期費用:3240円(税込)
  • カラーミー有料テンプレート:11000円(PC版)
  • 画像編集ソフト:約11000円(Photodhop Elements)

 

カラーミーは、一番安いライトプランで問題無いです。

スタンダードプランとの違いは、アクセス解析が使えるか否か。

ショップ運営開始直後は大したアクセスも無いので、検証したって無意味です。

また、このアクセス解析データは契約していない期間も収集されているので、

検証したくなったらアクセスプラス(月額540円)に申込む。って順番が一番良い。

無料のGoogle Analyticsも導入できるから、正直無くても困らない。

カラーミーショップをアクセス解析。Google Analyticsのトラッキングコードを入れる場所。

Googleウェブマスターツールも無料だから、導入しましょう。

カラーミーショップにGoogleウェブマスターツール導入、サイトマップ作成する。

 

カラーミーの有料テンプレートは、非常に良くできております。

初期テンプレートでも売れない事は有りませんが、有料テンプレートの方が売れます。

最新のテンプレは21000円ですが、旧作の11000円のモノで良い。

「ベーシックホワイト」とか、「オフィススタンダード」辺りがオススメです。

変にシャレたヤツより、シンプルで売りやすい。

余裕があれば、スマホ版も有料テンプレ9000円も購入。

まぁ、無理にスマホ対応(レスポンシブデザイン)しなくても、スマホユーザーに売れる。

スマホや、タブレットでも、PCサイト表示できますからね。

 

テンプレートよりも重要なのは、ショップに表示される画像です。

画像の良し悪しは、画像編集ソフトにかかってます。

フォトショップエレメントくらいは用意しておきましょう。


Adobe Photoshop Elements 13 Windows/Macintosh版

 

商品画像の補正、バナー作成、看板デザイン・・・何でもできます。

フォトショップクラウドも安くなったので、余裕があれば。

Adobe Photoshopを激安価格で安く手に入れる!フォトショップクラウド化とフォトグラフィプラン。

Lightroomもあったらあったで便利。

 

固定費

カラーミーショップの固定費は非常に安いです。

ショップの月額料とショップ用の電話番号料金くらいです。

 

  • ショップ運営費:月額1080円(ライトプラン – 3カ月契約)
  • ショップ専用の電話番号:月額324円(050 plus)

 

電話番号は必須です。特定商取引法に基づく表記なんてあるからね。

お客様からのお問い合わせも有りますが、営業電話対策です。

くれぐれもプライベートと同じ電話番号にしない様に。別事業とも分けた方が良い。

違うジャンルで別ショップ立ち上げるなら、電話番号はその都度新しく用意した方が良い。

電話番号の取得も安い時代。

個人事業主にオススメの電話番号。IP電話、固定電話、携帯電話、FAX番号。

050 plusなら高品質で安く、複数取得できます。

私が「050plus」を使い続ける理由。050プラスの評判 Ver.2014。

まぁ・・・私は基本的にお客様には、メール問合せにしてもらってますけど。※後述します。

 

クレジットカード決済の導入した場合の固定費用ですが、

カラーミーペイメントならPC+スマホ対応で、月額1300円(個人)です。

個人的には、固定費無料のPaypal決済をオススメします。

カラーミーショップにクレジット決済を導入。Paypal決済にかかる費用。

Paypal請求書ツール請求書作って、メールで請求書送るやつね。

即時導入できるし、受注確認してから請求メールを送れるので、無在庫にも相性が良い。

即時入金なので、資金繰りも悪く無い。

決済手数料も3.6%+40円と、かなり安いから。

 

また、固定費も決済手数料も無料のSPIKEなんかも登場してます。

低価格オンライン決済サービス。Paypal(ペイパル)とSPIKE(スパイク)を比較する。

知名度はPaypalよりも低いですが、よりお得になるパターンが多いです。

いつの間にかJCB、AMEX、Dinnersも対応となり、決済ページのデザインも悪く無い。

決済手数料無料はデカいので、Paypalと併用して、上手い事使い分けると良い。

 

販売手数料(成約手数料)

ショップ運営をするまでは、成約手数料なんて大して気にしてませんでした。

売上が多くなればなるほど、取られるやーつ。

固定費なんかよりも、全然高くなるので非常に重要です。

 

カラーミーショップが凄いのは、販売手数料無料だという事。

手数料が発生するのは、

決済システム利用や、ショッピングモール経由(カラメル、アイテムポスト等)の場合です。

 

  • クレジット決済手数料:3.6%+40円(Paypal)
  • カラメル販売手数料:3.5%

 

クレジットカード決済手数料は、Paypal推奨してますが、

利益に貪欲に行くなら、決済手数料無料のSPIKEも併用。

売上件数が多いなら、イプシロンの「とくとくペイメント」も導入した方が良いです。

月額2250円で、決済手数料3.5%です。※個人契約の場合

 

カラメル販売手数料プランで、カラメル出店した場合、

カラメル経由でも購入されなければ、販売手数料は無料です。

まぁ、成約手数料3.5%は安めだし、経由で売れる事は少ないから。

アイテムポストも出店無料なんですが、ちょっと微妙かも。

※これも後述します。

 

カラメルは、クリック課金プランもあります

商品単価が高ければ、こちらの方が安く集客できる可能性はあるよね?

 

ショップ構築で重要なデザイン。顧客満足と自己満足の勘違い。

ショップ構築で重要なのは、素人感を出さない事。

胡散臭い詐欺サイトっぽさを出さない事。最近頻出していますからね。

別にカスタマイズして、独自性を出す必要はありません。

普通で良いんです。普通が良いんです。

 

売れるテンプレートは決まっている。必要以上にカスタマイズするという勘違い。

カラーミーショップの初期テンプレートでも良いですが、

より売りやすいデザインは、やはり有料テンプレートになります。

ネットショップで売れる形って、既にある程度決まっていると思います。

ホント定番が良いんです。

 

無料テンプレと有料テンプレの違いは、

ショップのトップページに表示できる商品数が多くなり、

商品ページ毎にも表示される商品が多くなります。

 

トップページなら、売れ筋ランキング、新着商品、オススメ商品とか。

商品ページなら、一緒に購入されている商品とか、オススメの商品とか、訴求できます。

 

テンプレートで、ショップのデザインが決まると思っている方が多いですが、

テンプレートはあくまで枠組み。

デザインは画像の挿入でなんとでもなる。

 

親近感と素人感の勘違い。不必要な情報は要らない。

ショップ運営は顧客満足だ!顧客満足させて顧客化だ!

大手ショップに太刀打ちするには、大手ができない親近感だ!

・・・で勘違いする。

個人経営ショップであるという、素人感を打ち出す事

いや、別に良いんですよ。それでも売れるんなら。

 

店長画像を表示したり、店長の自己紹介したり、

私は、そういった事は全くいたしません。

なぜなら、私がそういうショップで購入する機会が無いから。

店長アピールをするのは良いですが、

しっかりとお店を構築してからでないと、ただの恥さらしです。

店長画像もショップデザインの一つです、貼るならせめて画像を選んで下さい。

ショップ上の画像は、ホントに重要です。

 

顧客満足で勘違いしてほしく無い事、

物販販売で最低限必要な事を、しっかりとやるという事。

親しみやすさよりも、しっかりとした対応を。

分かり易い商品説明ページ、美しい商品画像、早急なレスポンス、即日発送。

親近感と素人感は違います。副業だから?関係ありません。

個人運営だから仕方無いって思われたら残念でしかない。

 

内容も無く面白くも無い店長紹介って必要ですか?

親近感アピールで取引メールがフランク。

それはただ馴れ馴れしいだけ。

バイマだから、ヤフオクだから・・・って、それはエゴです。

 

画像だけで、ショップデザインはガラリと変わる。

テンプレート同じでも、画像が変わればショップの印象は、ガラリと変わります。

お店の看板、トップページのバナー、商品画像。

何度も言うようですが、ネットショップは画像が命です。

サイトの枠組み、デザインは関係ないから!

 

素人ショップにありがちな、ごちゃごちゃした感じ。

色味もそうですが、画像サイズなんかもぐちゃぐちゃです。

 

画像のデザインを統一にする。

トップバナーだったら、画像サイズを揃えて貼るとか、

商品画像なら、同じシチュエーション(アングル、背景、明るさとか)で撮影するとか、

商品画像がぼやけていたり、伸びていたり・・・これは論外です。

当たり前の事ですが、やるは難しい。

商品画像は、サイトに占める割合も多いので、ホントに重要です。

 

メーカーやブランドから提供されている画像をそのまま使うのも良いですが、

自分で撮影した方が、意外と綺麗に撮れます。

ネットショップの商品画像を綺麗に撮る方法。商品写真に必要な撮影機材。

他社店舗と使用画像が違うだけで、売れます。

品番一緒でも、マジで正規品と思われたり。

良い意味で別物と思われて売れます。

WEB上に、他ショップと同じ画像が並ぶよりも、

違う画像が多くあった方が、SEO的にも評価が上の気がするよね。

 

よく勘違いしているのが、いろいろ詰め込み過ぎたデザインにする事。

出来ない人は、必要な物がワカラナイから、全部ブっ込む傾向にあります。

あれもやりたい。これもやりたいのはわかるけど。

お願いだから、カラフルにしないで。

 

なるべく、シンプルなデザインにすること。

その方が見やすく、出来上がるサイトも美しいです。

 

画像そのものが汚いってのも多い。画像編集ソフト何使ってんだろ?

フォトショップのエレメントで良いんだよ。


【送料無料】アドビシステムズ〔Win・Mac版〕 Photoshop Elements 13 (フォトショップ エレメンツ 13)

 

当サイトのトップ画像なんて、

フォトショップで、適当にテキスト入力して貼っただけです。爆

5分もかかってません。

時間と手間をかければ、良いデザインになるわけじゃないから。

分からないなら、デザイン発注しない。

お金をかければ、良いデザインになるわけでも無い。

 

商品説明は長ければ良いってもんじゃない。必要な情報を完結に。

商品を購入する際に、必要以上の情報は要りません。

メーカーのスペックや、ブランドの説明をダラダラとコピペする。

全ての商品に同じ説明をコピペする。

検索に引っかける為、関係無い単語の羅列を入れまくる。

スパムですか?

WEB上に、他サイトと同じ文章ってのは宜しく無いよね。

せっかく商品説明するなら、自分の言葉で考えましょう。

画像同様、他サイトとは別の方がSEO的にも良いんじゃね?

 

SEO対策だか、なんだか知りませんが、姑息な手段は通用しません。

改行も無い文章は、論外です。

文章も、ショップデザインの一つです。

 

ホント必要最低限の情報で良いんです。

商品説明を頑張るなら、商品画像をもっと頑張りましょう。

それは、お客さんが必要としている情報ですか?

顧客満足とは、そういった事です。

 

商品数が多ければ良いってもんじゃない。価値の無い商品ページに意味はない。

私のショップは、商品数1000件前後のショップも有りますが、

一番好調なのは、商品数100件前後のショップです。

 

商品数が少ないから・・・となりがちですが、

重要なのは、売れる商品を扱う事。

 

実際、1画面に表示できる商品数は、限られていますので、

商品数が50点もあれば、充実してるっぽいショップは作成できます。

 

商品数が多ければ、大規模ショップとか、専門店っぽくなるっていう勘違い。

大規模ショップに見せたいなら、商品登録よりも、

カテゴリーや商品バナーを充実させた方が、手っ取り早い。

別に、そこに商品が無くても良いんだから。爆

 

また、商品数が多ければ、SEO的にも効果があるっていう迷信。

確かに他ショップに無い商品が有れば、検索には引っかかるかもしれませんが、

ぺらっぺらの商品ページの大量作成は、ただのスパムです。

ただ闇雲に商品数を増やしたところで、ショップの評価は上がりません。

 

楽天やヤフーストアなんかのモール系ショップは、話が別。

商品ジャンル問わず、ただ闇雲に出品した方が良い。

ショップデザイン適当でも、出品しとけば売れるっていう可能性も高い。

 

電話応対は極力避ける。顧客対応する事が顧客満足では無い。

電話対応を積極的にする事により、成約率が上がる。

ネットに弱い方も多いので、電話対応は必須です!

あながち間違っては無いんだろうけど、私は電話対応は極力避けます

電話番号表記はしてますが、

お問い合わせは、メールにてお願いいたします」です。

 

電話対応で成約件数は増えるのでしょうけど、

間違いなく、お客様対応の時間も増えます。

顧客対応ってモノを仕組み化できるなら良いのでしょうが、私には無理です。

 

大企業でも電話対応しないショップあるでしょ?

BUYMAなんて、一切電話対応してないからね。

BUYMAの特定商取引法に基づく表記

お問い合わせはsupport@buyma.com宛、またはお問い合わせフォームからご連絡ください。

※原則として電話でのお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。

参考→BUYMA(バイマ):特定商取引法に関する表記―ソーシャルショッピングサイト

 

電話対応を、極力避ける理由。

メール対応なら、テンプレコピペで済む。

問合せのパターンは決まってくるし、

新しいパターンがあればテンプレート化すれば良い。

話す手間に比べ、時間が大幅に短縮されます。

クリップボード拡張ソフトなんか使えば、一瞬で返信できます。

クリップボード拡張して作業効率化

 

それだと顧客満足が・・・なんて仰る方も居るでしょうが、

私は、どこの店舗よりも早く返信していると思います。

ターゲットユーザーの違いですね。

ITに弱い方向けに販売するなら、電話番号表記は必須ではないでしょうか?

ファックス注文も受け付けたら良いんじゃね?

 

電話問合せしてんのに、自動応答、自動アナウンスで、

「WEBから手続きできます」で片づけられた日には、ブッチンぶちぶちです。

あんなんだったら、電話対応しないで欲しい。

下手な電話対応は、クレームに発展するだけです。

電話スキル無いなら、メールで良いじゃん。

 

電話があった場合は、出ますよモチロン。

クレームに発展すると面倒だからね。

 

クレジット決済は販売する側にもありがたい。代金引換はトラブルの元。

クレジットカード決済は成約率の向上につながる。

成約率もそうですが、販売する側にとってもメリットが多いです。

売れても商品代金を回収するまでは、安心できない。

商品代金の回収って非常に難しいですからね。

 

銀行振込や、コンビニ決済の場合は、そのまま入金されない可能性が高いです。

特にスマホの普及で、未成年の購入や、イタズラ注文も多い

携帯メール注文で、振込口座のメールが届かないってのも多い。

スマホ注文の迷惑メールフィルタによる不着対策。パソコンに、携帯メルアドを設定する。

 

成約から入金を待たなくて済むので、未入金によるキャンセルリスクも低い。

無駄なお取り置きも無くなります

 

万が一返金となった際も、決済キャンセルで一方的な返金が可能です。

ゴメンナサイして、返金先の銀行口座番号を伺う手間も無いです。

クレカ決済は、手数料分の価値はあります。

 

代金引換の導入は、個人的にオススメしません。

「代引きトラブルは少ない」と言われていましたが、

私は、代引きトラブル多く感じます

現代は、スマホで気軽に注文できるという事。

忘れた頃にやってくる、郵便局からの電話。

代引手数料、送料、商品代金も痛いですが、

時間的なロスが、一番痛いです。

郵便局に連絡、お客様に連絡、連絡を待つ・・・精神的にも苦痛です。

特に、お取り寄せの商品は代引きオススメしません。

2週間もあれば気も変わるし、受取拒否されたら、商品は不良在庫決定。

 

よって、代引き決済、コンビニ決済は利用しない俺。

 

特定商取引法に基づく表記は画像表記にすべし。

住所、氏名、電話番号くらいは画像表記にすべきです。

カラーミーショップで特定商取引法に基づく表記を、画像で表示する方法。

ロボットによる情報収集(クローリング)対策。

テキストのままだと、WEB上に個人情報ばら撒く様なもんなんで。

また、同業者対策にもなります。

まぁ、画像にしたところで、営業電話はかかってきますんで、

やはり電話番号は、別途用意した方が良いです。

個人事業主にオススメの電話番号。IP電話、固定電話、携帯電話、FAX番号。

営業リストって、ホントあるみたいです。

数年前に閉店したショップの電話番号とメルアド。

今でも営業メール、営業電話、かかってきます。

 

ヤフーショッピングは出店無料だけど、営業もすげぇ来るようになるから。

更にメールと電話番号を、別にした方が良いと思う。

 

ネットショップに独自ドメインは必要なのか?

ネットショップ運営を、独自ドメインで運用する。

私は別に、どっちでも良いと思います。

覚えやすいドメインとかで、URLも覚えてもらうなら有効かと思いますが・・・

SEOとか言い出したら、別に・・・って気がします。

下手に商標関連語句入れて、内容証明届いても嫌なんで。

ブランド名の入った独自ドメイン利用で、商標権侵害の警告文が届く。

 

やる気があるなら、独自ドメインの方が良いんじゃね?

独自ドメインの維持費は「.com」で、年間1000円位のもんです。

年間580円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

長く運営するつもりが有るなら、独自ドメインです。

途中から独自ドメインに変更するとかは、非常に面倒です。

ネットショップ契約と同時にドメイン取得しておきましょう。

 

なるべくお金をかけずに集客する。SEOって仰る貴方は何者ですか?

ネットショップ運営で、一番悩むのが集客。

悩んで集客にお金をかける・・・前に。

無料でやれることをやりましょう。

 

SEOで集客を謳う業者には、くれぐれも気を付けましょう。

SEOの事なんて、誰にもワカラナイんだから。

上位表示されるためには、時間がかかります。裏ワザはありません。

 

Twitter、Facebook、アメーバブログ。無料で集客できるものを使い倒す。

ショップブログは、カラーミーショップでも無料で作れますが、

集客を考えると、無料のアメーバブログは悪く無い。

SEOに強いっぽいので、手っ取り早くインデックスされるかと。

集客だけでなく、顧客化と言った面でも有りだと思います。

 

顧客化と言えばSNSこと、ソーシャルネットワーク。

フェイスブック、ツイッターをやりましょう。

 

ショップのフェイスブックページを作成するのは簡単です。

フェイスブックで、ネットショップ用のfacebookページを作成する。

間違えてビジネスアカウントを造らないように。

フェイスブック、ビジネスアカウントと個人用の違い。facebookページを活用。

ショップにフェイスブックを連動させる。

Facebookソーシャルプラグイン、Like Boxをカラーミーに設置する。

フェイスブック上に商品を並べる事も可能。

Facebookアプリのカラーミーを導入、ネットショップの商品を掲載してみた。

 

SNSも活用する事で、より素人ショップ感が抜けます

あくまでショップブログ、ショップ用SNSなので・・・

個人っぽい内容にならない様に、気を付けましょう。

 

メールマガジンは一歩先の話。顧客に訴求できるだけのスキルある?

メルマガの活用で顧客にリピート販売する。

確かに新規ユーザーを獲得するよりも、費用も掛からず良いイメージですが。

スパム的なメルマガを発行するくらいなら、発行しない方が良いです。

 

メールマガジンって、そもそも訴求できる顧客が居ないと意味ないです。

全く見当違いの顧客に送っても意味ないし。

適当に送る。迷惑メールとされる。もぅ2度と届かなくなる。

 

質の低いメールマガジンは、ショップの評価も下げます。

頻度多くね?ウザくね?思われたら負けぇ~。

無理に送る必要は無いから。

 

無料のショッピングモールに出店する。成約手数料に注意。

カラメル出店はした方が良い。

出店したところで、成約手数料を取られる割合は少ないです。

私の経験上、カラメル経由購入は全体売上の、5分の1も満たないです。

じゃあ何故出店するのか?

露出を増やす為、主にSEOの為です。

 

同じく出店無料でアイテムポストも有りますが、販売手数料は5~6%と高め。

アイテムポスト経由で、売れる事は稀ですが、

カラメルとダブルで発生する(8.5~9.5%)と痛いので、

正直無くても良いかもって、最近思ってる。

 

Google ショッピング商品掲載サービス(月額540円)は、利用した方が良い。

月額固定費用が発生しますが、

成約手数料が発生しないので、非常にコスパ良いです

Googleショッピングも侮れなくなってますからね。

カラーミーの契約プランと有料オプション。Googleショッピング商品掲載サービスは使える。

 

集客に、アフィリエイトとかは使いません。

「Yahoo!ショッピング商品掲載サービス」って終了したんだね。

まぁ・・意味なかったけど。

代替サービス「出品代行サービス for ヤフオク!」使う位なら、

自分で出品しましょう。

 

商品単価が高い場合、売上金額に比例して取られる成約手数料も高くなります。

そうなると、自分でPPC広告を打って集客した方が安上がりになる。

 

PPC広告(Yahoo!プロモーション広告、Google AdWords)

お金を払って集客を頼むくらいなら、

自分でPPC広告を打って集客しましょう。

Yahoo!プロモーション広告

Pay Per Click。クリックされた分、広告費が発生するヤツね。

ヤフーとグーグル有ります。

  • Yahoo!プロモーション広告
  • Google AdWords

 

カラーミーショップは固定費が安い分、広告費を使えます。

某ショッピングモールの固定費は2~3万。

それくらいの金額をPPC広告費に使えるなら、結構な人数を集客できます。

 

Yahoo!プロモーション広告と、Google AdWordsどっちが良いのか?

どっちもやったら良いと思います。

ユーザー違うし、同じキーワードでも単価は結構違うので、いろいろ試してみると良い。

 

初心者にアドバイスするならば、言われるがまま、クリック単価を上げない様に。

一瞬で広告費○万円逝ってしまいます。

まずは、低い単価で試してみる。クリック単価10円でやってみる。

拾えるキーワードで集客する。どんなキーワードで検索されるか?

想像しまくりましょう。

 

PPC広告代行なんてありますが・・・意味がわかりません。

塾とかコンサルとかセミナーも同じ。

同じ金額払うなら、自分で挑戦しましょう。

その方が得るものが大きいです。

いや別に、利益出過ぎて困ってるんなら、良いんですよ。

 

利益が出ていないのに、余計な出費は増やさない。

ショップにアクセスが無いのは、集客にお金をかけていないからだ。

やっぱり専門家に、集客をお願いしないとイケないのではないか?

不安だからと言って、闇雲にお金をばら撒くのは辞めましょう。

お金をかけなくても集客できる方法はあります。

 

特にSEOという言葉を信じない。

検証するなら、自分でグーグル検索してみれば、

そのSEOというものの結果が見えてきます。

大手ショッピングモールのSEOを比較する。Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングと、Googleのキーワード検索。

 

SEOの解釈は人それぞれ。自分で検証出来れば最高。

嘘偽りの無い最新のSEO情報が手に入る。

無料の検索順位チェックツールGRCの機能と使い方。ネットショップをSEOで集客する。

 

良く分からないから、お金を払ってお願いする。

小規模だから、個人だから、関係無いです。

そのまま、カモられて一生終わります。

 

ネットショップの集客は、自分でやらなければならないという事。

カラーミーショップのライトプランでも、上位表示可能です。

CSVでアップロードもできるので、大量出品だってできます。

カラーミーショップで商品一括登録。CSVエラーと注意点について。

 

毎年使える容量は増えるし、電話サポート有るし。

なんか安すぎるのが、逆にデメリットになってるよね。

初心者のネットショップ出店について。ショッピングカートの比較と違い。

 

大丈夫。カラーミーショップで集客できます。

もう少し頑張りましょう。

 

P.S.

最初の一店舗目を、完璧に造ろうとすると失敗します。

ネットショップは、売る為の一つの方法に過ぎません。

ショップを造る事が、目的にならない様に。

 

ネットショップを開店させる事は、何も凄く無い。

中途半端なショップで終わる事程、恥ずかしい事は無い。

最終的に利益が出れば良いんです。生活できれば良いんです。

通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。

高還元率クレジットカード
高還元率クレカ「Orico Card THE POINT」徹底レビュー。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ