若者限定クレカ!三井住友VISAデビュープラスカードのメリット・デメリット。

ネットビジネスは、若者が多い。

貴方がもし26歳未満なら、三井住友VISAデビュープラスをオススメします。

若者限定という事で、様々なメリットが有ります。

W300_H250_4000

三井住友VISAの一般カード(クラシックカード)より断然お得だし、

年会費も実質無料、還元率も高く・・・なにより三井住友ブランドです。

25歳以下の若者限定のクレジットカード。

デビュープラスカードは、三井住友VISAのクレジットカードの中で、

断然還元率が高いのですが、ヤングな人しか申込みできません。

25歳以下限定のクレジットカードという事で、若者のみ申込み可能です。

 

また、クレジットカードの発行も若過ぎても無理。

18歳以上にて審査基準に満たすので、18~25歳限定のクレカとなります。

※未成年の場合は、親権者の同意も必要。

 

「初めてクレジットカードを持つ学生・新社会人の方に」というキャッチコピーですが、

学生だけでなく、新社会人でなくとも申し込み可能です。

25歳までに申し込めば、有効期限内は26歳を超えても所持できますが、

26歳になってしまったら、問答無用に申込み不可能となります。

 

初年度は年会費無料。年1度でも利用すれば、翌年度以降も年会費無料。

年会費無料の「デビュープラス」ってなってますが、

他の三井住友カード同様、本来は年会費1250円です。

初年度年会費無料で、年間1回でも利用すれば翌年度も無料になるというカラクリです。

 

まぁ、他のクレジットカードよりも優れている点も多く、メインカードにも成り得るので、

最低でも年一回は使うハズ。使わないで終わる心配は無いかと。

問答無用に年会費無料では無いので、ご注意を。

 

ちなみに、ETCカードも同様に、初年度無料年一回の利用で翌年も無料となります。

ETCカードだけ有料のクレカは多いので、車乗る人には有り難い。

 

いつでもどこでも還元率1.0%以上。通常カードの2倍の高還元率。

三井住友VISAデビュープラスは、ポイントがいつでも2倍

通常の還元率は0.5%なので、還元率は常時1.0%となります。

三井住友VISAカードの中でも還元率1.0%は他に無く、高還元率クレカ並の還元率です。

 

また、入会3か月はポイント5倍なので・・・還元率は脅威の2.5%となります。

入会3か月は無敵です。

三井住友ブランドだけでなく高還元。コレが最大のメリット。

 

ポイント交換の敷居が低い。200ポイントから交換可能。

ポイントの有効期限は取得から2年間で、

200ポイントから100ポイント単位で交換できます。

 

1000円利用毎に2ポイント付与なので・・・

10万円も利用すれば、200ポイント貯まるで、ポイント交換可能となってしまいます。

10万利用 → 200ポイント ≒ 1000円相当

ポイント交換の敷居も低く、ポイント交換先も豊富です。

 

貯まったポイントの交換先。ワールドプレゼントで現金キャッシュバックは損。

三井住友VISAカードで貯まったポイントは、

ポイントサービスのワールドプレゼントで交換します。

 

交換先は非常に多いのですが、交換先によっては還元率が低くなるので注意です。

ポイントを使う:クレジットカードの三井住友VISAカード

 

現金キャッシュバックも可能ですが、1ポイント=3円と損です。

還元率1.0%となるのは、1ポイント=5円相当に交換した場合です。

楽天スーパーポイント、ヨドバシカメラのゴールドポイント辺りがオススメです。

Tポイントや、Pontaポイントにも交換可能ですが、

1ポイント=4.5円相当なので、やや損となります。

 

利用額に応じたステージ制度。ランクによりボーナスポイントも貰える。

年間利用額が多ければ、翌年移行はステージがアップ。

利用額に応じたボーナスポイントも貰えるようになります。

前年利用額が50万以上でステージV1

100万以上でステージV2300万以上でステージV3・・・

 

最高ランク「ステージV3」の場合、

50万円利用で150ポイント、以降10万円毎に30ポイント貰えます。

1ポイント5円相当なんで、

150ポイント≒750円、30ポイント≒150円・・・

まぁ、元の還元率が高いんで、あくまでボーナスだね。

 

ちなみに、プライムゴールドカードになると、ボーナスポイントは倍になります。

ステージV3で、50万利用で300ポイント、以降10万円毎に60ポイントとなります。

50万利用でボーナス1500円なら悪くないかもね。

 

26歳以降はプライムゴールド、31歳以降はゴールドカードへ自動アップグレード。

三井住友デビュープラスは、18歳から25歳限定のクレジットカードですが、

26歳以降の最初の更新月に、

自動的に三井住友プライムゴールドカードへアップグレードされます。

三井住友のヤングゴールドカードが、何の審査も無しに所持できてしまう。

 

また、プライムゴールドカードを所持し続ければ、

31歳以降の更新月に、今度は自動的に三井住友ゴールドカードになります。

 

三井住友ゴールドカードって、

金融機関系のクレジットカードで審査も厳しく、結構なステータスカード。

なかなか所持できないカードだと思っております。

 

年会費が高いだけのアメックスゴールドよりも、ステータス性は高いかと。

アメリカンエキスプレス ゴールドカードのメリット・デメリット。

後々の事を考えて、デビュープラスから育てておくってのも一つの方法です。

 

ヤングゴールドカードになるのが嫌なら、

26歳以降の更新で、三井住友クラシックカードへの変更も可能だし、

年会費1250円すら発生するのが嫌なら、最悪解約する事も可能です。

強制で「ヤングゴールドカード加入&年会費5000円支払」というわけでも無いので、ご安心を。

 

デメリットは若者限定という事。利用限度額&キャッシング限度額が低い。

利用限度額が最大80万円と、他社クレジットカードに比べると低いです。

無料のクレジットカードは最大100万円くらいなので・・・若干ね。

 

バリバリ使う事を想定している人は、少々頼り無いかと。

学生版のデビュープラスの場合、更に限度額が低くなるので注意です。

 

デビュープラス学生版との違い。限度額が少ない分、審査は容易。

「三井住友VISAデビュープラスカード」には、

学生版の「三井住友VISAデビュープラスカード(学生)」も有ります。

 

学生版という事で、特別な事情が無ければ、審査は容易に通るかと思いますが・・・

学生クレカなので、限度額は最大30万円と低くなります。

キャッシング利用枠に至っては最大5万円です。

 

学生と言っても高校生は対象外なので、大学生や専門学校生がターゲット。

普通の学生で社会人並の所得は得られるとは思えないので・・・限度額は仕方無いですね。

カード審査には、親の信用情報も大きく影響してくるかと。

 

iD一体型では無く、iD専用カードが別発行となる。

チャージ不要の電子マネー「iD」対応となってますが・・・

三井住友VISAデビュープラスは、iD一体型のクレジットカードにする事はできません

※iD専用カード、iD携帯型には対応しています。

 

せっかくiDが使えるのに、iD専用カードをわざわざ別発行→所持するのは不便。

結果、iD利用可能店舗でも、クレジットカード払いにするハメになるかと。

 

他の三井住友VISAカードはiD一体型に対応しているんだけどね。

これもデビュープラスのデメリットだね。

iDを使えて、クレジットカードが使えない店って、ほとんど無いから。

複数所持するのは面倒だし、クレカ1枚で済むなら、クレカしか持たなくなると思う。

 

電子マネーWAON、PiTaPaなんかも紐づけできますが、

全て別カードでの発行となります。

 

海外旅行損害保険が付帯しない。保険カードと併用を勧める。

三井住友VISAデビュープラスカードには、

他クレカで当たり前に付帯している、海外旅行損害保険が付帯しておりません

 

まぁ実際のところ、海外旅行保険の恩恵って受ける人も少ないと思うし、

無料で保険適応したいなら、他社のクレジットカードで補強すれば良い。

 

海外旅行損害保険は、無料クレカでも当たり前に付帯しているし、

無料クレカでも、海外旅行損害保険が自動付帯のクレカも有ります。

 

海外旅行損害保険狙いなら、JCB EITエポスカードがオススメです。

サブカードにオススメの年会費無料クレジットカードまとめ。

年会費無料で、海外旅行保険が自動付帯なんで、持ってるだけで保険適応となります。

 

三井住友クラシックカード(学生)、クラシックカードA(学生)との違い。

三井住友VISAカードには、

三井住友VISAデビュープラス(学生)以外にも、学生カードが有ります。

三井住友VISAクラシックカード(学生)と、三井住友VISAクラシックカードA(学生)、

女性専用の三井住友VISAアミティエカード(学生)です。

KS001625

 

三井住友VISAクラシックカード(学生)

  • 年会費無料
  • 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)

三井住友VISAクラシックカードA(学生)

  • 年会費250円。初年度無料。
  • 海外・国内旅行傷害保険(最高2,500万円)

三井住友VISAアミティエカード(学生) ※女性限定

  • 年会費無料
  • 海外・国内旅行傷害保険(最高2,500万円)

三井住友VISAデビュープラス(学生)との違い

  • クラシックカードは、ポイント2倍にならない
  • 満18歳以上の学生(高校生は除く)なら、26歳以上でも申込可能
  • VISA以外にもMasterブランドも選択可能。
  • 旅行傷害保険が付帯している
  • 写真入りICカードが選べる。カード裏面に顔写真。
  • iD一体型のクレジットカードが選べる

 

デビュープラスカード以外は、ポイント2倍にならず、還元率が0.5%となります。

その代わりに、デビュープラスには無い旅行保険が付帯してます。

と言っても、クラシックカードは、海外旅行傷害保険のみ付帯なので・・・正直微妙。

旅行保険狙いなら、海外・国内共に保険適応となるクラシックカードAを利用しましょう。

年会費250円は発生するけどね。

 

また、デビュープラスとは違い、VISAだけでなくMasterブランドも選べ、

クレカに顔写真を入れる事も可能。

iDもクレジットカード一体型で、無駄にカードが増える事も無い。

還元率は0.5%と普通だけど、利便性は高いクレカとなる。

 

ちなみに、女性限定のアミティエカード(学生)なんかも有る。

クラシックカードA(学生)と同等の内容で、年会費無料となるので、

旅行保険狙いで女性の方なら、アミティエカード(学生)の方がお得です。

 

最大のデメリットは年齢制限。25歳以下なら、とりあえず申し込んで損は無い。

三井住友VISAデビュープラスの強いて言うデメリットは、

海外旅行保険が付帯しない、限度額が低いって事くらい。

年会費無料で、高還元率1.0%三井住友VISAカードが所持できる。

若い人限定で好条件になっているクレジットカードだから、

実際は申し込めない人が多いってのが、本当のデメリットだよね。

 

ちなみに、満26歳になって即、プライムゴールドに切り替わるワケでは有りません。

26歳以降の最初の更新月に、カード切り替えとなります

26歳を過ぎても、デビュープラスカードの有効期限が切れない限りは、

デビュープラスカードの恩恵を受けられるワケです。

 

25歳で申し込めば、26歳以上になっても数年間は高還元率&年会費無料で使えます。

25歳なら、まだまだ得できますから!

W300_H250_4000

 

他社高還元率クレカと比べても、カードスペックは高いです。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

三井住友カードは、日本で初めて発行されたクレジットカードだという事。

知名度、信頼性・・・数字では表せないよねん。

通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。

高還元率クレジットカード
高還元率クレカ「Orico Card THE POINT」徹底レビュー。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ